アイピル通販・即日購入出来るの?アフターピルを通販で購入し備えましょう

どうしよう・・
コンドームが破けてしまった!妊娠したら困る・・

 

誰でもコンドームが外れたり破れたりして妊娠するかもと思う時があります。

 

そんな時のためにアイピルを通販購入して備えておけば妊娠の可能性を低くする事は可能です。

 

コンドームが破れてしまった、
コンドームが外れてしまった、
排卵日と分からずに避妊をしなかった、
彼が中で出たかもって言って不安。。

 

避妊に失敗しても男性は何も傷つく事はありませんが女性は妊娠すれば中絶に至る事もあります。

 

セックスすれば妊娠の可能性はコンドームだけでは100%ではありません。

 

万が一に備えてアフターピルの予備を持つことで妊娠や中絶を回避しましょう。

 

避妊に失敗したらどうしたら良い?

 

 

避妊に失敗したら本当に困り果てます。

 

妊娠を望んでいないのにその可能性があるセックスをしてしまうのは珍しいことではありません。

 

もともと避妊をしようとしていたのに失敗してしまったり、避妊をする気がない相手との関係もあり得ます。

 

そんな時には、アイピルが手助けをしてくれます。

 

妊娠の可能性があるセックスをしてから72時間以内に服用することで、かなりの確率で避妊できます。

 

いわゆるアフターピルと呼ばれるもので、行為があった後に対策ができるので携帯しておくと重宝します。できれば、24時間以内に服用すれば避妊できる可能性はさらに上がります。

 

でも、残念な事に通販では即日配送はしてくれますが、即日届く事はまず無理です。

 

海外から配送するので注文して即日には届きません。

 

今すぐ飲む必要があるアフターピルなのにすぐ届かないとなると病院に行って処方してもらうしか避妊の効果は得られないのです。

 

本当に妊娠が怖いのならば今すぐ産婦人科に行ってアフターピルを処方してもらいましょう。

 

アイピルは通販では即日届きませんが予備として持っておくと安心

 

通販では即日届かないですがアイピルを通販で買っておいて良かったと思った私の体験談をお伝えします。

 

私は以前セックス後にコンドームが中で取れている事に気が付き、排卵日かもしれないと不安になったことがありました。

 

怖くなって病院に行ってアフターピルをもらって避妊は成功しほっとしました。

 

ですがまた同じ事が起きるのではないかと思いネットで買って家に予備として持っていました。

 

病院では保険が使えないので1万円ほどかかったので

 

購入して3か月たった頃ひょっとして今日排卵日だったかもと思う日があり飲んでおきました。

 

急に婦人科に行くのは気持ちも不安ですし、ネットで買っておいて良かったとつくづく実感したのでした。

 

病院で処方してもらうのは抵抗があるという人にも、ネット等を通じて購入できるアイピルは向いています。

 

いざという時のための備えの意味でも、常備しておけば自分を守ることに繋がります。

 

ジェネリック医薬品のアイピルが安い!人気でおすすめ

 

 

 

▼安くて安心なアイピルはこれ!▼

 

アイピルはノルレボのジェネリックです。効果は新薬と同じなので安心してお使い下さい。

 

アイピルはこちら

 

アフターピル一覧

 

アイピル

 

アイピルは緊急避妊薬です。

 

セックスの後性24時間以内にアイピルを服用すれば95パーセント以上の確率で避妊出来ます。

 

日本の産婦人科で実際に処方箋されているのはノルレボ錠でアイピルはノルレボ錠のジェネリックです。

 

 

 

 

マドンナ

 

マドンナは性行為後72間以内に服用する緊急避妊薬(アフターピル)です。

 

飲むまでの時間が早ければ早い程避妊効果があります。

 

2錠で1回分で レボノルゲストレル0.75を2回飲みます。

 

一度に多量のホルモンを摂取する事になるので常用するのは控えて下さい。

 

 

 

 


エラ

 

エラは最新のアフターピルとして認知されています。

 

アフターピルは一般的に性行為の後72間以内に飲まなくてはならないとされていましたがエラは今までのアフターピルよりも期間が長いのが特徴です。

 

5日以内であれば85パーセント、3日以内なら95パーセントが避妊成功します。

 

1錠のみなので簡単ですし2回目の飲み忘れを心配する事はありません。

 

 

アイピルの効果

 

アイピルの効果は避妊する事ですが詳しくここではご説明したいと思います。

 

 

アイピルの効果は飲む時間が重要!

 

アイピルの効果を発揮できる時間ってどの位なの?

 

望まない妊娠を避けるためにもアイピルというアフターピルを使うことはとても重要です。

 

多くの方はピルといえば事前に飲んでおくものだと思っていますが、それは間違いです。

 

ピルにも種類があってモーニングアフターピルと呼ばれるこのお薬の場合は、性行為を行った後でも十分効果が期待できます。

 

しかし、アフターピルの効果も絶対ではありません。

 

最大限効果が発揮されたとしても妊娠を防ぐことが出来る確率は80%ほどです。

 

さらに、性行為を行ってから時間が経てば経つほどその効果は失われていきます。そのため、すぐに服用できるように携帯しておくことがベストです。そうすれば、望まない妊娠を極限まで防ぐことが可能です。

 

女性が自分で自分の身を守るため覚えておきましょう。

 

アイピルを飲むタイミングはいつ?

 

アイピルを飲むタイミングについてご説明します。

 

 

アイピルはアフターピルとして、性行為後の服用でも、妊娠する確率が少なくなるというものです。

 

飲むタイミングとしては、性行為後出来るだけ早く、というのが効果を発揮できる一番良いタイミングになります。性行為の際にコンドームを使って行うから大丈夫と思っていても、性行為中に破けてしまう事もあるのです。

 

そういった時に使うようになりますが、性行為が終り、アイピルを持っていない場合には、すぐに処方してもらうため産婦人科に行く訳ですが出来るだけ早い方が良いです。

 

アフターピル全体に言える事ですが、時間が経てば経つほど、効果が薄くなってしまうという事があります。早い時間で飲めば成功率も上がり、時間が経ってしまって体と、妊娠してしてしまう可能性が高くなるのです。

 

アイピルは72間過ぎると効果は無いの?

 

72時間以内に飲むのが望ましいアイピルですが72時間以上過ぎると効果は全くないのでしょうか?

 

アイピルは、正式には、「モーニングアフタ−ピル」または「緊急避妊薬」と呼ばれ、セックスで避妊に失敗した時に、緊急避妊用に飲むピルの事です。

 

アフターピルを服用すると、性行為後12時間以内であれば99%の確率で、72時間以内であれば80%の確率で避妊に成功することができます。

 

72時間を経過したから避妊はできないわけではなく、避妊の確率が下がるだけですので、避妊をしたければ、必ず飲みましょう。
アイピルは、中用量のピルで、受精卵の子宮への着床を防ぎます。

 

アイピルを服用すると、2日後から遅くても3週間以内に不正出血が起こります。

 

この出血は消退出血と呼ばれ、アイピルによって、ホルモン調節をしたことで、子宮内膜がはがれおちることにより起こります。

 

そして、この出血が起きたことにより、避妊が成功したことが確認できます。

 

性行為後産婦人科でアフターピルの処方を受けよと思うと、事情を説明しなければなりませんし、保険もききません。できるだけ、早く、アフターピルは飲む必要があるので、緊急時のために常備しておく事が賢い方法です。そのためには、日本国内で20年以上営業を続けているような安心な医薬品個人輸入業者を通して、個人輸入して常備しておくことも賢い選択肢の一つです。

 

アイピルで避妊が出来るメカニズム・排卵前

 

排卵日前にアイピル服用で避妊が出来る理由について

 

妊娠は排卵、受精、着床の順番で成立しますが、アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは、排卵後に卵巣の黄体から出るプロゲステロンというホルモンと同じ作用があり、レボノルゲストレルが体内に入ると、身体は十分に女性ホルモンが出ていると勘違いして脳の排卵中枢に抑制をかけます。

 

そして、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌も抑えられ、その結果、排卵自体が抑制されます。また、もし服用前に排卵されていたとしても、子宮の入り口にある粘液に作用して精子が子宮に入り辛くなったり、子宮内膜が着床に適さない環境になるので、受精も着床もしにくい状態となり、避妊ができます。

 

アイピルで避妊が出来るメカニズム・排卵後

 

排卵後にアイピルを飲んで避妊出来るのでしょうか?

 

アイピルに含まれている主成分が排卵後でも生理を引き起こす事によって受精卵の着床を防ぎ、避妊効果になります。

 

詳しく説明しますと、性行為から妊娠までに約10日間かかります。というのも受精卵は10日間程度かけて卵巣から子宮へと渡り、その後、子宮内膜へ着床する事で妊娠になります。

 

アイピルを服用すると、通常一週間以内に生理が引き起こされますので、計算すると性行為から3日以内に使用する事で1週間を足しても10日以内に生理が始まり着床が防げます。それが、排卵後でも10日間の猶予を利用して避妊ができるというシステムです。
しかし、日数はあくまで一般的な目安なので、出血が無ければ妊娠検査は必要です。

 

アイピルの種類 レボノルゲストレル「LNG法」 ノルレボ錠と「ヤッペ法」フラノバールの違いを比較

 

アフターピルの中でもノルレボ錠はレボノルゲストレルを有効成分とし排卵を抑制することで受精を防ぐ効果と受精した場合に子宮内膜の増殖を防ぐ着床阻害の二つが主な避妊効果です。

 

服用するタイミングは行為後72時間以内が最も効果的とされていますがノルレボの場合、他のアフターピルと比較しても72時間を過ぎても一定の効果もあるとされ120時間でも処方してくれる病院もあります。

 

性行為の72時間以内に2錠を一回服用します。ノルレボのジェネリック薬には1錠でいいものもあります。国内臨床結果で発表された妊娠阻止率は81%となっています。副作用は頭痛や吐き気、倦怠感等があります。フラノバールは卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのノルゲストレルの二つの合成ホルモンが主成分です。

 

排卵を遅らせたり着床を防ぐことで避妊効果があります。また人工的にホルモンバランスを変えることで子宮内膜を排出し着床を防ぐ効果もあります。服用するタイミングは性行為後72時間以内に2錠飲み、12時間後に更に2錠服用します。

 

副作用は吐き気や嘔吐、食欲不振等の消化器系の症状が多く頭痛がおこる場合もありますが比較的副作用が少ないといわれています。

アイピルは安全性はどうなの?

 

本当にアイピルを飲んでも安全なのでしょうか?

 

アイピルは、緊急避妊薬ノルレボ(Norurebo)のジェネリック医薬品です。

 

生理を引き起こす黄体ホルモン(progesterone)と同じ作用を有する成分が配合されているので、受精卵の着床を防ぎ避妊効果を発揮します。

 

ちなみに、アイピルの避妊成功率は、性行為後72時間以内が95パーセント以上、120時間以内であれば85パーセント以上です。

 

これは、排卵日付近で服用した場合の妊娠回避率の統計から算出したものなので、排卵日の避妊に失敗しても効果が期待できるということになります。

 

ただし、100パーセント確実に妊娠を阻止できるわけではなく、正確に服用した場合でも2パーセント程度は失敗してしまいます。

 

ちなみに、避妊に失敗した時に妊娠する確率は8パーセントと言われているので、アイピルはこれを4分の1にまで減らす効果が見込める薬ということです。

 

なお、このように顕著な効果を期待できるアイピルは、一方で頭痛や悪心、不正子宮出血などの副作用が発生するケースがあり、ビタミンCを同時に過剰摂取した場合は強く起こりやすくなります。

 

また、35歳以上で1日の喫煙量が15本を超えるスモーカーと妊婦の使用は禁止されています。さらに、卵巣ホルモンのバランスを崩す可能性があるので、乳がんや子宮がんの人は使用を避けるのがいいでしょう。

 

副作用が多少あってもアイピルを飲む事で妊娠を回避し安全を確保

 

アイピルはアフターピルです。アフターピルというと、副作用も人によっては強く出る場合もあるため、心配する方もいますが、安全なピルです。まず、なぜ副作用が出るのかというと女性ホルモンの含有量が多いからです。アフターピルは中用量ピルの一種で、服用することで一気に体内のホルモンバランスを変化させます。それにより、子宮内膜を剥がすことで受精卵の着床を防ぎ、避妊することができるのです。しかし、女性ホルモンは体内で様々な作用をしています。それが服用によりバランスを崩してしまうため、身体に様々な影響が出るのです。

 

では、飲んだ際にどのような影響が出るのかというと、個人差はありますが、頭痛、吐き気などが現れます。しかし、これらの副作用は24時間以内に治ります。

 

それに比べ、ピルを利用せずに妊娠した場合、堕胎するとなると中絶手術を受けることになります。

 

中絶手術の方がアフターピルよりも身体的負担が大きく、しかも精神的にも経済的にも負担がかかります。

 

アイピルなら性交渉後72時間以内に一錠飲むだけなので、安心して利用することができるのです。

 

しかも、含まれるのは元々体内に存在する女性ホルモンと類似した成分なので、影響が残る心配もなく、安全なのです。

 

このようにアイピルは安心・安全のアフターピルです。

 

中絶手術を受けるよりも身体的にも精神的にも負担が少なくてすみます。

 

そのため、妊娠を望んでいない場合はもしもの時を考慮して常備しておくと安心です。

 

服用により、副作用が出ても24時間以内に治るので、体への影響が長くなることもないので安心して使うことができます。中絶手術を受けるとそれがきっかけとなり、不妊症になったり後遺症が残る場合もありますが、アイピルはそのような影響は出ません。

 

また、アイピルなら一回一錠なので飲み忘れる心配もいりません。そのため、安全に避妊するならおすすめです。

 

アイピルの通販の口コミ

 

アイピルを通販で買った方の口コミはどうなのでしょうか?

 

昔は他社の製品を利用していたのですが、口コミで知った後、友人に勧められてアイピルに乗り換えました。
そんなに頻繁に使用するわけではないのですが、私も相手もたまに避妊具を使いたくない時があるので、いざという時に活躍してくれています。今後も継続して買わせて頂く予定です。

購入して日が浅くまだ使用はしていないのですが、口コミで知り、自分で調べてみてもかなり評判がよかったので何かあった時の為にカバンの隅に常備させています。
備えあれば憂いなしです。

 

産婦人科でアフターピルを処方してもらったことがあったのですが費用もかさむし面倒なのでアイピルを注文しました。
最初は副作用が心配だったのですが、いざ使用してみると自分は少しだけ気分が悪くなる程度で、別段吐き気がするとか頭痛が酷いとか、そういう症状は出ませんでした。効果もしっかりありますし、便利ですね。周りの口コミも上々です。

 

長年愛用していますが、使用して一週間以内には生理がきますし、薬そのものが届くのも早いです。
定期的に口コミもチェックしますが、ずっと評判がいいですね。値段も安価なので継続して使えています。今後もお世話になると思います。

 

通販で買ったことのある方の口コミは良いようです。

 

通販で購入し予備として持っておく事で妊娠や中絶を免れる事が出来るのであれば、誰でも持っておくのがいいのではないでしょうか。

 

アイピルはこちら

 

アイピルを飲んだ後の生理はどうなるの?

 

 

避妊用に利用している方が多いアイピルですが、翌月の生理がいつになるのでしょうか。

 

緊急用の品に使用し場合は、3日から1週間程度で生理が始まります。理由としてはこの薬を利用する事で急激に子宮内膜を厚くして少量ですが出血を起こすからです。

 

次の月は通常の自分のサイクルで始まります。何らかの婦人科の治療目的で28日間服用するタイプを利用している方は、全てを飲み終わった三日後に始まるように処方されています。

 

前後数日程度は個人差がありますが、基本的には通常のサイクルと同じです。

 

出血量に関わらずその次のサイクルは自分の通常時に戻ります。

 

ある程度自分の生理のサイクルを覚えておくとわかりやすいです。

 

もし途中で不正出血があればすぐに婦人科の医師の診察を受ける必要があります。

 

アフターピルは基本的には薬を飲み終わった後は自分の生理のサイクルに戻るので、どのくらいの期間利用するかや服用の方法で異なります。

 

 

アイピルを実際に飲んだ人の口コミ

 

何かあった時に備えて前もって用意していました。
数時間後には服用しました。
アイピル飲んだ後に生理が来てほっとしました。
アイピルを飲んでから8日後でした。
量はいつもに比べると軽かったです。生理の期間も短めでした。(Tさん・27歳)

 

アイピル飲んで、2週間後に生理が来ました。いつもの私の生理周期は28日ですが少量の茶色い出血がありました。
量や痛み、いつもと同じぐらいでした。(Iさん・32歳)

 

アイピル服用して16日日後に出血が見られ、普段の生理くらいの量の出血でした。
2日間で量が収まり、3日目以降は昼間用件ナプキンで十分なほど少量の出血でした。
全体的に量も少なくって生理の日数も短かかったです。(Kさん・29歳)

 

 

アイピルの副作用について

 

 

避妊に失敗し性行為の後避妊したい場合、アイピルを服用することでこれらを行なうことができ女性の強い味方といえるお薬です。

 

アイピルを飲む前に副作用について知っておきましょう。

 

しかしお薬ゆえに副作用は付き物、ここでアイピルで起こる副作用について簡単にご説明します。

 

体のホルモンを乱して子宮内膜をはがす役割をします。

 

まず、アイピルで多く報告されている副作用は

 

頭痛、吐き気

 

下腹部痛

 

倦怠感

 

胸の張り

 

などの症状があります。

 

アイピルはアフターピルなので、避妊効果を高めるために多くの黄体ホルモンを有しており、不正出血以外に胃のむかつき・吐き気も伴います。

 

症状については頭痛・悪心・腹痛などが5%を超える確率で報告されています。そのほか、1%を超える確率でめまいを訴えることもあります。
重篤な症状を引き起こしてしまう可能性についてはほとんどありません。

 

ただ消退出血・不正子宮出血を引き起こすリスクについては報告されています。アレルギーによる症状がみられる場合はできるだけすぐに医師の診察を受けるようにします。

 

アイピルの副作用はいつまでなの?

 

アイピルには副作用は個人差があり出方が少し強めに感じる人もいます。

 

症状がいつまで続くのかについては、多くの場合はそこまで長くはかかりません。

 

大体24時間ほどは続く可能性があります。

 

ただ、副作用には個人差がありますので気になる症状が長く続いてしまっているときにはやはり医療機関で診察してもらったほうが良いでしょう。

 

アイピルで吐き気が強いなら吐き気止め飲んでいい?

 

緊急の時に飲むアイピルですが、通常のピルよりも副作用がかなり強く出る場合が多いです。

 

吐き気、嘔吐、頭痛などの症状が考えられますので、服薬してからはしばらくゆっくりと横になって寝ていられる環境であるのが好ましいです。
辛い副作用ですが、アイピルを飲まずにもしも妊娠してしまった場合は、比較できないほどもっともっと大きな負担が身体にも心にも押し寄せる事になるので、それよりはずっと楽なはずです。

 

じっと安静にしながら副作用が終わるのを待ちましょう。長くても24時間以内には収まってきますので安心して下さい。

 

あまりにも副作用が強くて吐き気が強い場合は、吐き気止めを飲んだ方が良いです。

 

せっかく飲んだアイピルを吐いてしまったら、効果が薄まってしまいます。

 

緊急避妊は時間との戦いです。早く飲めば飲むほど、避妊成功の確率が上がります。

 

薬を吐いてまたすぐに追加して飲んだとしても、時間は取り戻す事は出来ません。吐いたら楽になりそうだとしても、アイピルを優先にして、吐き気止めを使用しましょう。

 

アイピルは避妊に失敗した時に常備しておくと便利

 

アイピルは緊急避妊ができるアフターピルです。アフターピルとは文字通り、性行為の後に飲むピルのことです。アフターピルを服用すると、約80%の確率で避妊ができます。

 

72時間以内に1回目の服用をして、その12時間後に2回目の服用をするものが一般的ですが、最近は1回の服用ですむものも出てきています。アイピルは1回服用タイプなので、2回目の飲み忘れの心配がありません。

 

アフターピルは飲むのが早ければ早いほど避妊の確率が高くなります。なので、性行為後の望まない妊娠を防ぐためにも、女性は常備しておきたい薬です。

 

アフターピルは以前は産婦人科で処方してもらうのが一般的でしたが、最近では、通販や個人輸入で購入できるようになりました。産婦人科で処方してもらうのが恥ずかしいと言った人や、費用が抑えられるという理由で、通販や個人輸入を利用する人が増えているようです。
費用は産婦人科では健康保険が適用できないので、10割負担となり、病院によっては1万円以上することもあります。しかし、通販や個人輸入ではその5分の1から10分の1の費用で収まります。

 

他のアフターピルに比べても費用は安めなのでお勧めです。

 

 

ノルレボのジェネリックのアイピルは急に病院へ行って買うより通販で安く買える

 

避妊に失敗した際、性交渉後24時間以内に服用することで高い避妊の効果を期待できるノルレボのジェネリック医薬品であるアイピルは病院で処方されなくとも、インターネットを利用し薬の通信販売でも購入することが出来ます。

 

購入する時には処方箋が不要であるため、わざわざ病院を受診する必要がなく、診察代や処方箋代などの経費を浮かせることが可能になります。また病院でアイピルを処方してもらうよりも通信販売の方が1錠あたりの単価が安いため、一度に複数錠を購入しておくことで避妊を失敗した時でも安心することが出来ます。

 

避妊具で有名で手軽に利用できるものにコンドームがありますが、避妊率は80%程度だとされており、着用時などに穴が開いたことに気付かずそのまま使用したり、射精直前に着用したりのように間違った使用方法などが原因とも言われています。

 

現時点で妊娠を望んでいないならば、性交渉後に避妊を失敗したことに気付いたら慌てずにアイピルを服用することでその効果を得ることが可能になります。

 

アイピルの処方は病院受診すれば保険証は必要だが通販なら不要

 

アイピルのメリットとして薬の通販からの購入できることが挙げられますが、これは親と同居している人でも問題なく購入することが出来ます。

 

アイピルの購入方法として真っ先に考えられるのは病院での処方ですが、親の扶養に入っている場合は受診の際に保険証が必要になり、保険証を使用することで後日、どこの病院に行ったのかが親にばれることも珍しくありません。

 

子どもからすれば親に対して知られたくないことは1つや2つあるものです。ましてやそれが緊急避妊薬を購入するために婦人科の受診をしたことが知られてしまっては緊急家族会議にもなってしまいます。そこで薬の通販を利用すれば処方箋なしで購入することが出来ますし、通販サイトによっては郵便局留めも利用できるので自宅に郵便物を届けなくてもアイピルを購入することが出来ます。

 

しかしアイピルは避妊を失敗した時に使用するだけに留め、毎回の避妊方法として使用することだけは絶対に止めましょう。通販は手軽に購入できる方法ですが、だからといって手軽に使用して良い、という訳ではないので注意してください。

 

アイピルは薬局で買える?

 

アイピルは薬局で買えるのでしょうか。

 

薬の一種であることは間違いありませんから薬局でも買えるのではないかと期待する人もいるかもしれませんが、少なくともいわゆるドラッグストアに行って自分で自由に商品陳列棚から手にとってカゴに入れ、レジで精算するという方法で買うことはできません。

 

これは、アイピルが処方箋医薬品とされているためで、薬局で購入するためにには医師の処方箋が必要になってくるためです。

 

多くのビタミン剤や絆創膏のように自分で自由に手に取って買うことができる薬剤とは別の分類となっているのです。

 

となると、アイピルを入手するためには病院に行って処方箋を書いてもらうしかないのかと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。
薬局では買えないのですが、海外から個人輸入で入手するという方法は認められているのです。

 

もちろん本当に個人的に輸入をしようとするのは手続き上大変ですが、今では海外輸入品の輸入代行サイトで買うことができます。

 

アイピルはアマゾンや楽天で買える?

 

有名インターネットショップのアマゾンや楽天では、アイピルが販売されていません。
なぜでしょうか。
現在アマゾンや楽天は、ピル自体を販売してはいけない≠ゥらです。

 

ピルは薬です。薬を国内で販売するには、薬機法という、日本の法律のルールに従わなければなりません。

 

薬機法では、一定の条件を満たした上での、インターネットでの薬の販売は認めています。つまり、条件を満たしていないにも関わらずインターネットで薬を販売する事は、違法です。

 

一定の条件とは、実店舗を持つ薬局・薬店が行なっている事、その店舗が週30時間以上開店していることなど。
アマゾンや楽天は現在、実店舗の薬局を持っていないので、条件を満たせず、インターネットで薬の販売を行うと違法になります。

 

薬機法とは、薬事法の新しい名前です。平成26年の法改正で名前が変わりました。この薬機法では、一定の条件の下、一定の薬のインターネットでの販売を認めています。

 

アイピルに問題があるから売っていないのではなく、アマゾンや楽天側に問題があるからアイピルを売ることができない、という訳ですね。

 

アイピルの値段はいくら位が相場なの?病院と個人輸入との違い

 

避妊をしなかった、途中でコンドームが破れてしまった、このような場合にも後から避妊をする方法としてはアフターピルの服用という方法があります。このアフターピルというのは性交渉後に服用し、排卵を促すことで避妊を行います。

 

そのアフターピルの商品の中にアイピルという商品があり、このアイピルとしては通常二度に分けて服用しないと効果がなかったものが多く、二度目の引用時間もきっちりとしなければならなかったのが一度の服用で良くなったというメリットがあります。

 

通常のピルを含め、病院を受診して処方してもらう場合、保険の適用外であるためその値段は一万円ほどになります。

 

一方で海外個人輸入などの通販などでも購入することは可能で、その相場は出品者により開きはありますが2000円ほどというのが一般的な値段になります。

 

そのため、個人輸入の方で購入する方がお得であり、また人に買うのを見られるのは恥ずかしいという方もいるので病院で購入するよりも良いです。

 

アイピル服用後1週間で再び避妊のため服用するのは大丈夫?

 

アイピルは緊急避妊薬であり、常用を前提とした成分量の調整はされていません。

 

連続して服用すると、

・副作用の1つである吐き気を繰り返す
・血栓症の要因となる
・無理に生理を引き起こすので子宮にダメージを与える
・体内の本来のホルモンバランスを大きく乱す

 

といった、様々な悪影響が生じ得ます。最悪の場合にはいざ妊娠を望む場合に上手く行かないといった事にも繋がるので、常用は避けねばなりません。

 

では1週間空いた場合はどうかという点ですが、アイピルの効果が発揮されたサインとなる出血の発生に1週間程度時間が掛かる場合がある事に加え、前述した身体への悪影響・負担面を考えるとお薦め出来るとは言えません。

 

基本的にアイピルの使用は、月1回程度までに抑える事が望ましいと考えられます。

 

そもそもそれ以上に頻繁に使用する理由があるのであれば、常用を前提に構築された低用量タイプの商品を使った方が、避妊の実現から考えても賢い選択になると言えます。

 

 

アイピル服用後に注意する事とは?

 

アイピルを飲んだ後、注意する事についていくつかご紹介します。

 

アイピルを服用後お酒飲んで大丈夫?

 

緊急避妊薬として使用されるアイピルを服用した後にお酒を飲んでも大丈夫なのかについてですが、できれば控えておいたほうが良いでしょう。
理由としては、アルコールそのものについてはアイピルを服用しても影響があるわけではありません。ですので、少量程度であれば飲んでも大丈夫とはいえます。しかし、アイピルを服用しているときにはアルコールを摂取することで通常以上に肝臓に負担が掛かる場合も考えられます。そのため、あまり多量にお酒を飲むことは控えたほうが良いとされています。

 

アルコールを摂取した後に2時間以内に嘔吐した場合には、アイピルによる効果自体がなくなってしまいますので深酒しないようにします。

 

アルコールを摂取しすぎて高血圧に悩まされている場合においては、お酒を摂取することは禁止されていますので注意します。

 

もしも、お酒との併用について気になる事があった場合には医師や薬剤師の人としっかりと相談しておくようにしましょう。

 

アイピル服用後喫煙は避ける

 

アイピルを服用している人は、タバコを止めたり喫煙を控えるようにした方が良いでしょう。

 

タバコを喫煙しているだけでも、美容や健康に悪い影響を与えてしまします。

 

アイピルは比較的副作用の少ない薬ですが、ホルモンバランスを変えるので体に対して負担をかけてしまいます。

 

アイピルのような低用量ピルでも服用後に喫煙をすると、血液循環に影響が出てしまい心筋梗塞などを起こしてしまう場合があります。

 

低用量ピルを服用している人で35歳以上の人は、タバコの喫煙を1日に15本以上しない方が望ましいとされています。

 

タバコの中には一酸化炭素が含まれており、血管に悪い影響を与えてしまします。体内に一酸化炭素が多く含まれると、酸欠のような状態になってしまいます。

 

酸欠になると血液をたくさん送り、酸欠の状態を解消しようとします。しかし、喫煙してしまうと血管がニコチンの作用によって収縮してしまい血液の循環がしにくくなります。血液を無理に循環させようとするため、脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまう事があります。

 

アイピルは授乳中飲んでもいいの?

 

産後、生理がきていなくても人によっては排卵が起こっており妊娠をしてしまう可能性はありますので、授乳中の性行為は避妊の必要があります。

 

しかし、なんらかの理由で避妊を失敗してしまった場合、アイピルで対処しようと考えた時、授乳中に飲んでもいいのかということでしょう。

 

まずアイピルを服用することでどのような影響があるのかというと、服用から約8時間は母乳のホルモン濃度が高くなり、およそ24時間経過すると元の値に戻るという研究報告があります。

 

このことから考えれば、赤ちゃんへの影響を考えるとアイピルを服用してから24時間までは授乳を避けた方がよいといえるでしょう。

 

そのため、2、3時間おきに授乳をしている新生児や3,4時間おきに授乳をしている離乳食前の生後5,6か月の頃は、24時間、授乳ができなくなると赤ちゃんへのストレスが考えられますので、服用はやめておいたほうがよいといえます。

 

アイピルを服用するのであれば、赤ちゃんが離乳食を開始して、24時間授乳をしなくても問題のない産後6、7か月ごろからにしたほうがよいのです。

 

アイピルと低用量ピルの違いとは

 

アイピルと低用量ピルはどう違うのか知らない方も多くいます。
簡単に説明してしまうと、アイピルは避妊に失敗した後に妊娠を避けるための緊急避妊薬です。
それに対して低用量ピルは、毎日服用することで妊娠を予防するタイプの避妊薬になります。

 

飲むタイミングも違い、アイピルは性交渉後72時間以内に1錠服用すれば避妊効果を得られます。
セイヨウオトギリソウやビタミンCを摂取すると効果が増減してしまうので、リラックスティーやジュースでの服用には注意が必要です。
低用量ピルは生理が始まった日から1日1錠を毎日服用を続ける飲み方です。
こちらもセイヨウオトギリソウと服用すると効果が低下する他、グレープフルーツやチェストベリーも飲み合わせが悪い食品になります。

 

避妊成功率については、アイピルは性交渉後72時間以内なら避妊率は95%前後ですが、それ以上時間が経つと著しく避妊率が低下します。
低用量ピルは排卵自体を抑えるので、生理初日から飲み始めればその日から、生理初日を逃しても2週間後からは避妊成功率は99.7〜99.9%になります。